初読で感激 と 戯言Seesaw

■Seesaw

時局柄 LOL が気になり検索していたら何故か興味からかシーソーに流れ着き
商品名と思っていますが名詞なのか動詞なのか語源等知りたくなり結果 

単語構成はSee + saw  ↓ 21世紀版幼児用シーソー
seesaw.jpg
日本でシーソー は擬音語でも全国津々浦々まで普及し

ギッタンバッコン
ギッコンバッタン
ギッタンバッタン
ギッコンバッコン

とも発音されています  それでは 

早口言葉 開始 !!ギッタンバッコンギッコンバッタンギッタンバッタンギッコンバッコン 

seesaw9a.jpg

LOL




■初読で感激

してしまう作家に出会ってしまった。作家 横山秀夫の後継者候補の一人と勝手に思うのは
安東能明(あんどう よしあき) 1995年 文壇デビュー 二人は同学年 ?

撃てない警官(連作短編集) 
book201702.jpg

特に本書短編「第3室12号の囁き」では某競技の世界大会「警備計画書」が紛失してしまう。

この事案で当方が閃いたのは先駆者 作家 横山秀夫は警察小説ジャンルを創設し確立した感がし
警察官と警察組織へ焦点を当てた著作数も多く 著作「動機」(短編集)所収「動機」では
book20170217.jpg

警察手帳紛失」が事件として取り上げられていたのを思い出してしまう。

木を見て森を見ず

本書短編「第3室12号の囁き」では複数の事案が伏線として同時進行し読者は事の成行や
「怪しい登場者」を意識しながら結末を迎え真相を知り納得すると思うが当方から敢て書けば

「都合が良すぎる」と思った。

作家 安東能明は他警察官が主人公のシリーズ作品も有って今後の創作活動を期待しています。

そして ドラマ映画版の 主人公には
仲村トオル 上川隆也 中村俊介 唐沢寿明 村上弘明 伊勢谷友介 大沢たかお 風間トオル

を候補として挙げてみる(BS)
スポンサーサイト

テーマ : 「借りた(買った)」よ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIYO♂

Author:KIYO♂
旅・乗り物・株・創作小説・愛犬 ◆20160607未だに冬眠のため不定期活動。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク